前へ
次へ

初期費用をしっかり貯めておこう

賃貸を探すときに用意しておくといいのが、家賃6カ月分くらいの初期費用です。
多めに初期費用を用意しておけば、借りられる賃貸の幅が広がります。
ちなみに家賃は月収の三分の一以下が理想的とされています。
家賃だけではなく、管理費や共益費、駐車場代などの固定費をすべてを含めて月収の三分の一以下に収めることが大切です。
初期費用の内わけは、仲介手数料や火災保険料、前払いぶんの家賃などです。
仲介手数料は家賃の1カ月分かかるのが一般的です。
火災保険料は一般的なワンルームマンションで1万5千円が相場です。
家賃は翌月の分を前払いするのが基本なので、契約して入居した日からの分と翌月の分を初期費用として支払っておく必要があります。
最近は少なくなりましたが、大家さんに礼金を支払う賃貸もあります。
礼金の目安は、家賃1カ月分です。
また、保証金または敷金として、入居前に家賃2カ月分ほど大家さんに預けておくと、退去するときに負担が減ります。

Page Top